養育 費 相場。 弁護士が教える養育費の相場と計算方法

離婚が決まった! 年収700万円の夫に請求できる養育費の相場は?

📱 そのため養育費は、養育費を負担する親 義務者 が、自分の生活を維持するお金を除いて、どれだけ子供を監護する親 権利者 に支払えるかで算定されています。 事務所名:弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所 代表弁護士:山下 信章(やました のぶあき) 代表者情報: 青山学院大学法学部卒 千葉大学大学院専門法務研究科修了 所属弁護士会:第二東京弁護士会 弁護士登録番号:No. 養育費を受ける親の収入が、 100万円未満の場合は、表の養育費の相場より 1~ 2万円ほど高くなり、収入が 200万円以上の場合は、 逆に 1~ 2万円ほど低くなります。 両親の年収 養育費の金額 母親がもらう場合 父親がもらう場合 父親200万円、母親200万円 1~2万円 1~2万円 父親500万円、母親200万円 4~6万円 1~2万円 父親700万円、母親200万円 6~8万円 1~2万円 父親1,000万円、母親200万円 10~12万円 1~2万円 このように、養育費をもらうのが父親か母親かによって金額が大きく異なることがあります。

養育費の相場が知りたい

🔥 しかし、 1章で説明したように、養育費の支払い義務として、「 子供に対して親と同じ程度の生活を常にさせる義務 生活保持義務 」が定められています。 親権者の性別 定期金(養育費など)取得状況 取得状況 親権者(男) 親権者(女) 取得している 5. 子どもが0~14歳の場合 (子供と同居している親の年収200万円、子ども0~14歳の場合) 年収 サラリーマン 自営 年収300万 2~4万 2~4万 年収400万 2~4万 4~6万 年収500万 4~6万 6~8万 年収600万 4~6万 8~10万 年収700万 6~8万 8~10万 年収800万 8~10万 10~12万 子どもが15歳~19歳の場合 (子供と同居している親の年収200万円、子ども15歳~19歳の場合) 年収 サラリーマン 自営 年収300万 2~4万 4~6万 年収400万 4~6万 6~8万 年収500万 4~6万 6~8万 年収600万 6~8万 8~10万 年収700万 8~10万 10~12万 年収800万 8~10万 12~14万 こちらの表の金額というのは月額の養育費です。

養育費の基本的な算出方法は?養育費算定表の計算機ツールで簡単に求める方法

❤ 2-1-1:子供が 1人の時の相場 この表は、養育費を受ける親の年収が、 100~ 200万円の場合で、子供の人数が 1人の時の相場です。 相手の収入によって受け取れる金額が異なることは何となく理解している方も多いのではないでしょうか? 「いったい、もらえる最高額はいくらなの?」 「最低で、いくらもらえるの?」 「住宅ローンの支払いが旦那名義で残っている場合はどうなるの?」 「生活に困らないかな?」 など、考えはじめればキリがありません。

11

養育費の基本的な算出方法は?養育費算定表の計算機ツールで簡単に求める方法

❤️ 例: 「義務者(支払う側)手取り50万円(年収600万円)」 「権利者(受け取る側)年収200万円」の場合 子どもの年齢 養育費 0~14歳が3人 会社員10~12万円 自営業者12~14万円 15~19歳1人、0~14歳2人 会社員10~12万円 自営業者14~16万円 15~19歳2人、0~14歳1人 会社員10~12万円 自営業者14~16万円 15~19歳3人 会社員10~12万円 自営業者14~16万円 手取り25万円(年収300万円)のケースと比べると、子ども1人当たりの養育費は上がっていることがおわかりいただけるのではないでしょうか。 。 養育費の具体的内容としては、 金額や支払い時期、 支払い方法、 支払期間等があげられますが、後日養育費の未払い等のトラブルが生じないように 公正証書にしておく方が賢明です。

養育費の相場はいくら?

☮ 同居親の年収200万円、0~14歳の子どもが2人 (子供と同居している親の年収200万円、子ども2人どちらも0~14歳の場合) 年収 サラリーマン 自営 年収300万 2~4万 4~6万 年収400万 4~6万 6~8万 年収500万 6~8万 8~10万 年収600万 8~10万 10~12万 年収700万 10~12万 12~14万 年収800万 10~12万 16~18万 同居親の年収200万円、0~14歳の子どもと15~19歳の子どもが1人ずつ (子供と同居している親の年収200万円、子ども2人それぞれ0~14歳と15~19歳の場合) 年収 サラリーマン 自営 年収300万 2~4万 4~6万 年収400万 4~6万 6~8万 年収500万 6~8万 10~12万 年収600万 8~10万 12~14万 年収700万 10~12万 14~16万 年収800万 12~14万 16~18万 同居親の年収200万円、0~14歳の子どもと15~19歳の子どもが1人ずつ (子供と同居している親の年収200万円、子ども2人それぞれ0~14歳と15~19歳の場合) 年収 サラリーマン 自営 年収300万 2~4万 4~6万 年収400万 4~6万 8~10万 年収500万 6~8万 10~12万 年収600万 8~10万 12~14万 年収700万 10~12万 14~16万 年収800万 12~14万 18~20万 表を見て分かるとおり、子供が2人いる場合でも、単純に養育費相場が倍になるというわけではありません。 53822 注力分野:債務整理・任意整理・自己破産・個人再生・過払金・闇金被害問題・養育費回収・B型肝炎訴訟 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4階 アクセス: 有楽町線 麹町駅(1番出口)徒歩4分 半蔵門線 半蔵門駅(1番出口) 徒歩6分 有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅(4番・5番・9B番出口)徒歩5分 銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅(永田町駅へ)徒歩8分 電話番号:0120-805-046 平日:午前 9:00 ~ 午後 9:00 代表弁護士:山下 信章 公式ページ:. 義務者の年収 養育費の金額 権利者の年収0円 権利者の年収200万円 200万円 2~4万円 1~2万円 300万円 4~6万円 2~4万円 400万円 4~6万円 4~6万円 500万円 6~8万円 4~6万円 600万円 6~8万円 6~8万円 1,000万円 12~14万円 10~12万円 (4)権利者が母親か父親かでチェック 養育費は父親から母親へ支払われるケースが圧倒的に多いですが、なかには逆のケースもあります。 この養育費の支払い義務は、子供の生活を最低限保持するための扶養的な義務 生活扶助義務 ではなく、 子供に対して親と同じ程度の生活を常にさせる義務 生活保持義務 として定められています。

6

【養育費算定表】2020年新基準対応!養育費の相場について

🙂 子ども2人の場合(15歳未満2人) 年収 300万円 400万円 500万円 600万円 0円 4~6万円 6~8万円 8~10万円 10~12万円 100万円 4~6万円 4~6万円 6~8万円 8~10万円 200万円 2~4万円 4~6万円 6~8万円 8~10万円 300万円 2~4万円 4~6万円 6~8万円 6~8万円 400万円 2~4万円 2~4万円 4~6万円 6~8万円 子ども2人の場合(15歳未満、15歳以上) 年収 300万円 400万円 500万円 600万円 0円 6~8万円 8~10万円 10~12万円 12~14万円 100万円 4~6万円 6~8万円 8~10万円 10~12万円 200万円 2~4万円 4~6万円 6~8万円 8~10万円 300万円 2~4万円 4~6万円 6~8万円 8~10万円 400万円 2~4万円 4~6万円 4~6万円 6~8万円 その他に、 支払う側(義務者)が無収入の場合は0~1万円。 子どもの人数・年齢 養育費の金額 1人(0歳~14歳) 6~8万円 1人(15歳以上) 8~10万円 2人(第1子・第2子とも0歳~14歳) 8~10万円 2人(第1子15歳以上、第2子0歳~14歳) 10~12万円 2人(第1子・第2子とも15歳以上) 10~12万円 (3)両親の年収でチェック 子どもの人数・年齢が同じでも、両親の年収に応じて養育費の金額は異なります。

2

未婚で妊娠し、出産した場合の養育費相場はいくらですか?

✋ あなたは、 「 養育費はどうやって決めるの?」 「養育費はいくらくらいか 相場が知りたい」 「養育費をきちんと 受け取れるか心配だ・・・」 などの、疑問や不安をお持ちではないですか? 結論から言うと、養育費の金額は、夫婦双方の話し合いで合意が得られれば、自由に決めることができます。 子どもの人数 養育費の金額 1人 6~8万円 2人 8~10万円 3人 10~12万円 (2)子どもの年齢でチェック 子どもの年齢が高くなればなるほど養育費は高額となりますが、養育費算定表では「0歳~14歳」と「15歳以上」の2段階に分けられています。

5