ラツーダ 錠。 ラツーダ錠40mgの薬価・添付文書など詳細情報

新薬収載一覧|株式会社 じほう

📞 クエチアピン()の副作用のひとつに、眠気があるのだが、 「眠気」というより、 睡眠時の慢性的な 眠くて 「寝てるのに眠り足りない感」。 8) Caco-2細胞又はトランスポーター発現系細胞を用いた検討で、ルラシドンはP糖蛋白、BCRP、OATP1B1及びOATP1B3の基質ではないことが示された ( in vitro)。

1

ラツーダ錠40mgの薬価・添付文書など詳細情報

💓 495 陰性症状改善、気分・睡眠・認知機能改善 ドパミン D 2L 0. 統合失調症 双極性障害におけるうつ症状の改善 用法及び用量は、 統合失調症では、1日1回40mgを食後に服用(最大80mg) 双極性障害におけるうつ症状の改善では、1日1回20~60mgを食後に服用(初期量20mg、最大60mg) ( ラツーダは、空腹時よりも食後投与の方が血清中濃度が高くなります。 20 2190040B1020 ロケルマ懸濁用散分包10g ジルコニウムシクロケイ酸ナトリウム水和物 10g1包 アストラゼネカ 1,601. ) 一般的な服用での注意点を2点示します 食後に服用すること (吸収が食事の影響を受けやすく、空腹時投与では吸収が低くなる) 自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないこと (眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがある) 副作用 安全性評価対象例数 876例(統合失調症692例、双極性障害184例)で見られた主な副作用は以下の通りです。 80 1190028D1026 ロケルマ懸濁用散分包5g ジルコニウムシクロケイ酸ナトリウム水和物 5g1包 アストラゼネカ 1,095. 強く阻害するため禁忌となっている薬剤(ラツーダの血中濃度上昇): アゾール系抗真菌剤( イトラコナゾール、ミコナゾールなど) HIV プロテアーゼ阻害剤 コビシスタットを含む製剤 クラリスロマイシン 強く誘導するため禁忌となっている薬剤(ラツーダの血中濃度低下): リファンピシン フェニトイン CYP3A4 に関連し、以下の薬剤等は 併用時に注意が必要です。

2

向精神薬多剤投与に新たな睡眠薬・抗精神病薬が追加

☯ 17.3 その他 17.3.1 QT間隔に対する影響 統合失調症患者又は統合失調感情障害患者(外国人)にルラシドン120mg/日又は600mg/日注2)(600mg/日は漸増投与)を1日1回11日間経口投与したとき、QTc間隔のベースラインからの変化量の90%信頼区間の上限値は、ルラシドン120mg/日及び600mg/日でそれぞれ最大14.7msec(投与2時間後)及び11.5msec(投与4時間後)であった。 アドレナリン (アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く) (ボスミン) [参照] アドレナリンの作用を逆転させ、重篤な血圧降下を起こすことがある。 織部 妊娠中のリスク[オーストラリア分類] カテゴリー 分類の説明 A 多くの妊婦と妊娠可能年齢の女性によって服用されており、それによって先天奇形の発症率の上昇や、間接・直接の胎児に対する有害作用が確認されていない薬剤 B1 [ラツーダ] 制限された人数だけの妊婦や妊娠可能年齢の女性によって服用されており、それによって先天奇形の発症率の上昇や、そのほかの直接・間接の有害作用が確認されていない薬物。

14

【ラツーダ】副作用の特徴〜他の抗精神病薬と比較して~

🚒 68 陽性症状の軽減、気分安定 5-HT 1A 6. 5mL1キット ノボ 1,547 2499418G1028 オゼンピック皮下注0.5mgSD セマグルチド(遺伝子組換え) 0. ルラシドン〈ラツーダ錠〉の適応・効能効果 統合失調症、双極性障害におけるうつ症状の改善 ルラシドン〈ラツーダ錠〉の用法用量 統合失調症 通常、成人にはルラシドン塩酸塩として 40mg を 1 日 1 回食後経口投与する。 2参照] Child-Pugh分類 開始用量 増量幅 維持用量 最高用量 中等度の肝機能障害 B 20mg 10mg 40mg 60mg 重度の肝機能障害 C 20mg 10mg 20mg 30mg <双極性障害におけるうつ症状の改善> 7. 30 3399103F1020 カボメティクス錠20mg カボザンチニブリンゴ酸塩 20mg1錠 武田 8,007. 90 1179061F3025 ラツーダ錠80mg ルラシドン塩酸塩 80mg1錠 大日本住友 493. 英国精神薬理学会ガイドライン 体重増加リスクLow オーストラリア精神医学会ガイドライン オランザピン、リスペリドン、パリペリドンと比較して脂質異常症および体重増加のリスクは低い とされ、海外では一定の評価は受けています。 CYP3A4を誘導する薬剤 カルバマゼピン バルビツール酸誘導体 ボセンタン エファビレンツ エトラビリン モダフィニル セント・ジョーンズ・ワート含有食品 等 本剤の血中濃度が低下し、作用が減弱されるおそれがあるので、観察を十分に行うこと。

ラツーダの特徴 について~今後追記予定~

🎇 主な副作用 アカシジア、静坐不能、ジスキネジア、疼痛、脱力、そう痒、じん麻疹、湿疹、発疹、血管浮腫、顔面腫脹 起こる可能性のある重大な副作用 遅発性ジスキネジア、口周部不随意運動、不随意運動、高血糖、白血球減少、悪性症候群、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗、発熱、白血球増加、血清CK上昇、CK上昇、ミオグロビン尿、腎機能低下、高熱が持続、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎障害、痙攣、強直間代性痙攣、部分発作、ミオクローヌス発作、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、高血糖悪化、糖尿病悪化、口渇、多飲、多尿、頻尿、肺塞栓症、深部静脈血栓症、静脈血栓症、血栓塞栓症、息切れ、胸痛、四肢疼痛、浮腫、横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、無顆粒球症 上記以外の副作用 不安、傾眠、不眠、頭痛、浮動性めまい、易刺激性、激越、攻撃性、リビドー減退、幻覚、妄想、悪夢、鎮静、抑うつ、自傷行為、自殺念慮、自殺企図、振戦、ジストニア、パーキンソニズム、筋固縮、運動緩慢、流涎過多、眼球回転発作、構語障害、筋緊張、筋痙縮、落ち着きのなさ、錐体外路障害、心電図異常、QT延長、PR短縮、房室ブロック、動悸、徐脈、血圧上昇、血小板減少、好中球減少、プロラクチン上昇、甲状腺機能異常、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、乳汁分泌、月経異常、悪心、嘔吐、便秘、腹部不快感、胃腸障害、口内乾燥、上腹部痛、腹痛、食欲減退、食欲亢進、消化不良、腹部膨満、胃炎、下痢、ALT上昇、AST上昇、肝機能異常、ビリルビン上昇、肝障害、排尿困難、排尿異常、尿蛋白陽性、体重増加、体重減少、多汗、熱感、疲労、筋力低下、筋骨格硬直、胸内苦悶感、胸部圧迫感、背部痛、耐糖能異常、血糖上昇、HbA1c上昇、尿糖陽性、脂質異常症、多飲症、摂食障害、拒食、過食、咳嗽、鼻咽頭炎、アレルギー性鼻炎、色素沈着、脱毛、霧視、回転性めまい、末梢性浮腫、糖尿病、過敏症、咽頭浮腫、舌腫脹、失神、パニック発作、突然死、眉間反射異常、錐体外路症状、開口障害、舌痙攣、嚥下障害、斜頚、運動低下、脳血管発作、狭心症、起立性低血圧、貧血、乳房腫大、乳房痛、勃起不全、腎不全、低ナトリウム血症 ラツーダ錠20mgの用法・用量• なお、開始用量は 20mg、増量幅は 1 日量として 20mg とし、年齢、症状により適宜増減 するが、1 日量は 60mg を超えないこと。

15

クエチアピンの眠気。

🙌 CYP3A4を強く誘導する薬剤 リファンピシン(リファジン) フェニトイン(アレビアチン) [、参照] 本剤の血中濃度が低下し、作用が減弱されるおそれがある。 16.2 吸収 16.2.1 吸収率 健康成人男性に14C標識ルラシドン40mgを食後単回経口投与したときの尿中放射能排泄率から、経口投与後9.19~19.1%が吸収されていると考えられた(外国人データ)。

5

ラツーダ 検討のため評判まとめ 認知機能障害と抗うつに個人的には期待!(副作用アカシジアで停止)

👎 00 4291065F1024 ベレキシブル錠80mg チラブルチニブ塩酸塩 80mg1錠 小野 5,067. CYP3A4を阻害する薬剤 ジルチアゼム エリスロマイシン ベラパミル 等 [参照] 本剤の血中濃度が上昇し、作用が増強されるおそれがあるので、観察を十分に行い、患者の状態に応じて本剤の用量を通常の半量に減じるなど慎重に投与すること。

11

ラツーダ錠20mgの薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

🤘 2参照] Child-Pugh分類 開始用量 増量幅 維持用量 最高用量 中等度の肝機能障害 B 10mg 10mg - 60mg 重度の肝機能障害 C 10mg 10mg - 30mg -:設定なし 16. 994 ドパミン D 2 1. 00 2190040B2027 キャブピリン配合錠 アスピリン・ボノプラザンフマル酸塩配合剤 1錠 武田 130. 薬剤名 影響 アゾール系抗真菌剤<経口剤・口腔用剤・注射剤> 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 イトラコナゾール 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ボリコナゾール 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ミコナゾール<経口剤・口腔用剤・注射剤> 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ホスフルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ポサコナゾール 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 HIVプロテアーゼ阻害剤 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 リトナビル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ロピナビル・リトナビル配合剤 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ネルフィナビル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ダルナビル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 アタザナビル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ホスアンプレナビル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 コビシスタットを含有する製剤 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 クラリスロマイシン 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ジルチアゼム 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 エリスロマイシン 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 ベラパミル 本剤の血中濃度が上昇し作用が増強 リファンピシン類 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 フェニトイン 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 カルバマゼピン 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 バルビツール酸誘導体 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 ボセンタン 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 エファビレンツ 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 エトラビリン 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 モダフィニル 本剤の血中濃度が低下し作用が減弱 アドレナリン<アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く> 作用を逆転させ重篤な血圧降下 中枢抑制剤 相互に中枢神経抑制作用を増強 エタノール摂取 相互に中枢神経抑制作用を増強 ドパミン作動薬 相互に作用が減弱 レボドパ 相互に作用が減弱 ブロモクリプチン 相互に作用が減弱 用法・用量 (添付文書全文) 〈統合失調症〉 通常、成人にはルラシドン塩酸塩として40mgを1日1回食後経口投与する。 おおブレネリあなたのおうちはどこ? おうちーを聞いてもわからない おおブレネリあなたの名前は何? 名前ーを聞いてもわからない 子猫?ブレネリは。