罰 ゲーム フェチ。 罰 ゲーム フェチ

罰 ゲーム フェチ

👇。 中って言うのは・・・ゆるして・・中は、いやだわ、はずかしい」 「うん、そうだね」 「そうよね」 「・・・・・・」 「じゃ、このまま、拳骨で鳩尾をいくか」 「よかったわね、静香ちゃんパンティー脱がなくてもいいわよ」 「ちょっと苦しいけどこれを耐えればおしまいよ」 「耐えればね」 「それじゃ、いくよ鳩尾、2分間」 「うーーッうーーーんく、く、苦しい」 「それっ、あと1分50秒」 「あーうううーんくるしーーい」 「あなた、そんなに体重かけたら死んじゃうわ」 「いやいや苦しい、だめ、」 「それ、あと1分30秒」 「うーうーうーんーー苦しい」 「あなた、静香ちゃんのおなかもう潰れてる」 「苦しい、もう・・・ゆ・るし・・て」 「だめよあなた、静香ちゃんの口から胃液が出てる」 「うぐっいやくる・・・くーギブ・・・ギブアアー」 「もうギブアップよあなた」 「もう、ゆる・・あー不倫とか、48手にして・・もうおなかはいや」 「あと50秒も残ってるのに・・・」 「もう、だめよ・・・祐君、足を離して上げて、もがいてるわ」 「ほんとだ、エビみたいに丸くなった」 「やっぱりこのこのおなかは弱すぎるのよ、可哀相なことしたんじゃない」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「静香ちゃん、少し落ち着いたかい、かわいそうだったね」 「・・・・・・」 「静香ちゃん、不倫ゲームと、48手どっちにする」 「・・・・・・」 「・・・・・」 「・・・・」 「・・・」 「・・」 「・」. 分かりました 「よーし、まず一つ目は、ボディーブロウ」 「ボディーブロウってお腹を殴るんですか? 「そうよ、まァー殴るといっても、ブロウだからジャブみたいなもの」 「軽いパンチで、10発を5秒間隔で連打しておしまい」 「よけちゃ駄目なんですか」 「だめだよ、技を受けるんだから、両手を頭の上にしてるんだよ」 「どうしよう、あの、ほかには」 「うん、二つ目は、ストマックパンチ」 「えっ、これも殴るんですか?」 「ただし、鳩尾だからちょっと苦しいけど、3発だけだよ」 「胃を狙うんですか・・・じゃーさっきのボディーブロウは鳩尾は ぶたないんですね・・・」 「そうよ、おへその周りを狙うだけ」 「お腹なんて・・・」 「あの、もうひとつは?」 「3ッつ目は、内臓潰し」 「えっ、これもお腹・・・、潰すって、どうやるんですか」 良く女子プロでもやってるじゃない、ただ指でお腹を押すだけよ」 「おなかばっかりだわ・・・」 「危険な技より女性らしくていいでしょ」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「指でお腹を押すほうがいいかしら・・・」 「10分間よ、親指でちょっと体重をかけて、おへその穴を中心にね」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「静香ちゃん心配することないよ、選んだのが駄目だと思ったら 途中でかえてもいいから」 「どうする、静香?」 「・・・えーと・・・ボディーブロウがいいかな・・・」 「よし、静香ちゃんのおへそをねらったジャブパンチね」 「10連発だよ、ギブアップしたらすぐやめるから心配しなくていいから」 「はい」 「よし、私の買ったばかりの水着を貸して上げる、こっちに部屋に来て」 「・・・・・・」 「恥かしなぁー」 「そんなことないわよ、素敵よ、良く似合ってるわよ」 「だってわたし、Tバックってはじめてなんです」 「ネェー祐君、静香ちゃん素敵でしょ」 「ええ、かっこいいよ静香」 「それにして細いウエストだな・・・脂肪がまったくないみたい」 「静香ちゃんパンチけっこう効くかもね」 「うん、このお腹だとはちょっとこたえるかな、」 「先輩、手加減してくださいよ」 「まぁー罰ゲームだからね、多少は覚悟してもらわないと」 「さー奥さん、両手を頭の上に組んで、」 「こうですか・・・こわい・・・」 「玲子、静香ちゃんの後ろに回ってバックアップして上げて」 「やだ、こわい」 「先輩」 「そろそろ行くよ」 「お腹がピクピクしてるね」 「怖いわ」 「こわい」 「静香ちゃん、お腹に力入れすぎると、疲れるわよ」 「でも怖い」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「ウーッ、うーん、いや」 「おー柔らかいおなかだ、2,3,4,5、そらっ」 「いっーうー、いたい」 「こんなお腹に、連打は可愛そうだけど、2,3,4,5、それっ」 「うっ、うーー」 「静香、大丈夫か、」 「2,3,4,5っと」 「あうっ、ううーっうーん」 「あなた、今のちょっと上よ、かわいそう」 「大丈夫、おへそを狙うから、3,4,5、それっ」 「うんッ、あーいやー」 「玲子、しっかり羽交い絞めにして3,4,5そらッ」 「えうッうー、いたい」 「あなた今の強すぎたんじゃない、私のお腹にも響いたわよ」 「強い弱いはあるさ、7発目、それッ」 「うんッ、いやっだめゆるしてっ、ギブギブあー」 「2,3,4,5、それッ」 「うっ、いやッ、もう・・・だめ・・・ギ・・・」 「あなた、駄目よもう静香ちゃんギブアップよ」 「先輩、駄目ですよ、静香もう、ギブアップしてます」 「うーんっ、いたい、もういや、あーくるしい」 「静香ちゃん、あと3発だったのに」 「・・・・・・」 「お腹って、いたいのね」 「静香ちゃんのお腹は特にね」 「どうしてですか?」 「ほら、こんなに柔らかいじゃない、筋肉なんてないんだもんね」 「・・・・・・」 「ちょっと強く殴った時なんて、お腹の中に、こぶしが入っちゃったかと 思うくらい、お腹の中を感じたよ」 「・・・・・・」 「さー、どうする、ボディーブロウの連打は効くでしょ」 「静香ちゃんどうする、ほかのにする?」 「やっぱりこれで終わりじゃないんですね」 「そりゃそうだよ、連打10発だもの」 「でもあと3発でしょ」 「だめだよ、最初から連打のやり直し」 「そうよ、連打の意味がないわ」 「そんなぁー」 「先輩、静香のお腹無理ですよ」 「駄目、ルールは、ルール。 。

8

罰 ゲーム フェチ

💖。

6

罰 ゲーム フェチ

☯。 。 。

9

罰 ゲーム フェチ

⚛。 。 。

10

罰 ゲーム フェチ

💔。 。 。

7

罰 ゲーム フェチ

👊。

罰 ゲーム フェチ

♨。 。

13

罰 ゲーム フェチ

⚒。

罰 ゲーム フェチ

😅。 。

4