聖 路 加 国際 病院。 聖路加国際病院

聖路加国際病院

👐 『土木建築工事画報』 第9巻 第1号 工事画報社 昭和8年1月発行. レッドストーン編 田中一夫訳 『病院と医療施設』 啓学出版 現代建築集成•。 - 自社及び提携会社専用の乗り場を構内に所有 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 運営団体名 学校法人聖路加国際大学 病院長 石松 伸一 出身大学:川崎医科大学 所在地 〒104-8560 東京都中央区明石町9-1 TEL TEL: 病院ホームページ 診療科情報 主な設備 ダヴィンチSHDサージカルシステム、3テスラMRI、マルチスライスCT、デジタルMMG、全身対応IVR血管撮影装置、リニアック治療装置、血流依存性血管拡張反応検査(血管エコー)、新生児聴力検査装置、ホルミニウムヤグレーザー手術装置、超音波診断装置(心臓・腹部・婦人・泌尿器・体表臓器)、超音波内視鏡、腹腔鏡検査装置、内視鏡(耳鼻咽喉・婦人・泌尿器・関節、新生児)、生態情報監視装置、分娩監視装置、スリット顕微鏡、視野計、眼圧計、眼底カメラ、超音波白内障手術装置、インピーダンスオージーメータ、顎機能検査器、咬合圧記録分析装置、構音機能解析装置、顎運動解析診断装置、口腔外バキューム、逆流防止弁付エアタービンハンドピース、歯科用レーザ照射装置、血液ガス分析装置、パルスオキシメータ、COオキシメータ、自動血球計数装置、自動生化学分析装置、自動電解質分析装置、自動細菌検査装置、毒物分析装置、心細動除去装置、低体温療法装置、眼底像撮影装置、他多数機器有 学会認定・修練施設等 特定非営利活動法人卒後臨床研修評価機構認定施設、日本IVR学会専門医修練施設、日本アレルギー学会認定教育施設、日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関、日本緩和医療学会認定研修施設、日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本救急医学会指導医指定施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設、日本形成外科学会認定施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本血液学会血液研修施設、日本口腔外科学会専門医研修機関指定病院、日本呼吸器学会認定施設、日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設、日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設、日本周産期・新生児医学会専門医暫定研修施設、日本集中治療医学会専門医研修施設(救命救急センター)、日本集中治療医学会専門医研修施設(ICU,CCU)、日本小児科学会小児科専門医研修施設、日本小児科学会小児科専門医研修支援施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本消化器内視鏡学会認定専門医指導施設、日本消化器内視鏡学会認定専門医指導施設(予防医療センター)、日本消化器病学会認定施設、日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設認定証、日本心血管インターベンション学会認定研修施設、日本心身医学認定医制度研修診療施設(小児科)、日本心身医学認定医制度研修診療施設(心療内科)、日本神経学会専門医制度における教育関連施設、日本腎臓学会研修施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設、日本総合健診医学会優良総合健診施設、日本大腸肛門病学会専門医修練施設、日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設、日本糖尿病学会認定教育施設、日本透析医学会認定医制度認定施設、日本内科学会認定医制度教育病院、日本内分泌学会内分泌代謝科専門医制度における認定教育施設、日本乳がん学会認定施設、JCI認証取得 他多数 病院の特徴 聖路加国際病院は、1902年(明治35年)の創立以来、キリスト教精神の下に患者の心と身体に寄り添う医療と看護を実践してきました。 カンファレンスについて ・ホスピタルカンファレンス(各科講師によるレクチャーや疫学関連のレクチャー) ・ホスピタルカンファレンス~臨床研究勉強会~ ・ホスピタルカンファレンス~eカンファレンス~(英語でのカンファレンス) ・医療安全クラス ・CPC(剖検症例検討会) ・レジデントミーティング(月1回。

9

聖路加国際病院

😙ジュニアレジデント対象のミーティング) ・ローテーション先での各科カンファレンス ・その他院外講師による講演会、勉強会 協力型施設 臨床研修協力施設38施設 研修修了後の進路 過去三年間の修了者の進路(59名)当院の専門研修プログラムへ(33名)大学医局または大学院(16名)他の専門研修施設(10名)その他(0名) 関連大学医局 特になし. ( 7年): 東京・築地のに、のが 健康社を設立 (後にが設立するとは別)、築地近辺で転々と場所を移動した。

20

消化器内科

😩 主な経歴 聖路加国際病院 外科レジデント(1986-1992) 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター 医員,医長,部長(1992-2010) 社会保険中央総合病院(現JCHO東京山手メディカルセンター)大腸肛門病センター 部長(2010- ) 聖路加国際病院外科非常勤(2004-2020) 現在に至る 認定資格 日本外科学会 専門医,指導医 日本大腸肛門病学会 専門医,指導医 American Society of Colon and Rectal Surgeons member, international fellow Korean Society of Coloproctology international member 対応する主な疾病・疾患. 在籍指導医 合計 134名 (2014年度) 在籍初期研修医 2018年度時点 合計 24名 卒後1年次の初期研修医数 12名 卒後2年次の初期研修医数 12名 初期研修医:1年次25名 2年次25名(歯科含む)専門研修医(卒後3年~6年次):89名 在籍専攻医・後期研修医 後期研修医全員が「屋根瓦方式」で初期研修医の指導を行っている。

聖路加国際病院

😗 施設 [ ] 新病院棟 [ ] 1992年竣工の新病院棟(2010年4月30日撮影) この区域は「第2街区」と呼ばれ、公道を挟んで建つ「第3街区」とは、地上2階レベルで屋根付きの連絡橋によって結ばれている。

交通案内

🤭。

5

聖路加国際病院

🔥。 。

13

消化器内科

😒。 。 。

10

消化器内科

✍。 。

聖路加国際病院│ジュニアレジデンシープログラム

⚠。 。 。

13