入国 制限 緩和。 中国はなぜワクチン接種が進んでいるのに入国制限を緩和しないのか―独紙 (2021年6月24日)

【入国制限まとめ】8/30更新:入国後の待機期間を変更/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表

🎇 ) ウ 直近180日以内に新型コロナウイルスに感染し、入国時点で感染確認から14日経過していることを証明書(PCR陽性証明、退院証明、入国14日以内に取得した抗体検査結果等)で証明できる者 エ 3歳未満の者(PCR検査陰性証明の提示不要) オ 3歳から15歳までの、航空機搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提示がある者 カ 24時間以内のトランジットを目的とする者 キ ルーマニア国内の教育機関の入学・卒業に関する活動(試験等)、又は通学のために入国することを書類で証明できる者(未成年の場合、その同伴者も含む。 (5月16日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) イギリス 〇 いつ入国したか、どの国に渡航していたかに関係なく、新規に発症した継続的な咳や高熱が見られる場合は、原則として7日間は自宅等で待機 (2020年3月13日から) 入国前にインターネット上で滞在情報を登録し、入国後は14日間自宅等で待機 (6月8日から) 日本を含む免除リストに掲げられた国・地域からの入国者について、入国後の自己隔離を免除 入国前の滞在情報登録は引き続き必要 (7月10日から) 日本を含む一部の国・地域からの入国に対する自己隔離免除措置が一時停止となり、直近10日間にコモン・トラベル・エリア(アイルランド,マン島及びチャネル諸島)以外を出発、または経由した英国へのすべての入国者は、10日間の自己隔離が必要(2021年1月18日から) 日本から英国に入国する際は、10日間の自己隔離、自己隔離期間中の2日目と8日目の検査の受検、全国的なロックダウンルールの遵守が求められる(2月15日から) コモン・トラベル・エリアの外からイングランドに到着する場合は、10日間の自己隔離、隔離期間中の2日目と8日目の検査の受検、政府が発表している感染対策の遵守という措置に従うことが求められる。

12

徐々に緩和されつつある日独間の入国制限!それでも日本入国にはまだまだ規制があります...... ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

❤️ (7月1日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) インドネシア 〇 外国人の入国及びインドネシアでのトランジットを原則禁止 (2020年4月2日から) ビジネス目的での渡航者を中心にビザ・滞在許可の発給を一部再開(10月1日から) 一時滞在許可(KITAS)や定住許可(KITAP)の保持者を除く全ての外国人の入国を禁止(2021年1月1日から) 入国後は政府の承認を得た隔離指定ホテルにおいて8日間の隔離を行い、1日目と7日目にPCR検査を受検する。

7

【入国制限まとめ】8/30更新:入国後の待機期間を変更/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表

☣ イ 誓約書の登録及び提示 ・出発前72時間以内に、ペルー入国管理局のホームページから「渡航者の健康状態に係る電子誓約書及び位置情報の許可(Declaracion Jurada de Salud y Autorizacion de Geolocalizacion)」を入力し、登録する。 企業からの一般的なご相談について(防疫措置や手続きの詳細運用、技能実習、特定技能に関する詳細運用等を除く) 連絡先:経済産業省 水際対策担当 電話:03-3501-1511(内線2944)(受付時間 9時30分~18時15分)• ) ク ハンガリー、ブルガリア、セルビア、ウクライナ又はモルドバとの間の越境労働者であることが契約書等で証明できる者 ケ 移送条約に基づきルーマニアに帰国する者 上記の証明等がない場合に、入国後8日目に検査をした結果、陰性かつ症状がない場合は、隔離期間を10日間に短縮する。 (8月10日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネストラックの運用を開始 (9月18日から) レジデンストラックの運用を開始(9月30日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) ビジネストラック、レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (1月14日から) ビジネストラック、レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(2021年1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) インド 〇 インドに入国していない日本人に対し、それまでに発給されていたビザを無効化 (2020年3月3日から) 航空便のインドへの着陸を停止、就労ビザ保有者以外の入国を禁止 (3月22日から) 非定期商用便またはチャーター便によってインドへ渡航する商用及び就労目的の外国人の入国を許可 原則として入国後最初の7日間は政府指定施設で隔離され、その後さらに7日間自主的に隔離を実施 (6月1日から) インドへの入国者に対し、自己申告書とともに、出発前72時間以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書を事前にデリー空港のホームページににオンラインで提出することを義務化(2021年2月22日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年5月27日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本政府は、インド国内で変異ウイルスの感染者が確認されたと発表。

18

【入国制限まとめ】8/30更新:入国後の待機期間を変更/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表

🤝(8月11日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 原則として新規入国を禁止(12月28日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) インドネシアからの入国者は、検疫所長の指定する場所での6日間の待機が求められる。

8

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

😊。 ・入国時に、PCR検査(鼻咽頭スワブ)に基づき、かつ居住国からカンボジアに向けての出発前72時間以内に居住国の保健当局などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する英語の健康診断書の提示 ・FORTE insurance Companyのウェブサイトにて購入したCOVID-19健康保険(購入価格90米ドル、20日間有効)の提示 ・保健省が指定するホテルにて14日間の隔離(宿泊費は、1泊60米ドルから75米ドル) ・2,000米ドルのデポジット支払い(デポジットは、隔離期間の宿泊費、新型コロナウイルス感染検査、移動費に充当され、隔離期間終了後3日以内に残金が返金される) ・到着時及び隔離13日目に、新型コロナウイルス感染検査の受検(感染が疑われる場合には、追加的に検査を受検) (注:具体的な費用等については、在カンボジア日本大使館のウェブサイトをご覧ください。 ア 旅客位置情報フォーム Passenger Locator Form に出発前に記入しなければならない。

16

入国者数の上限緩和、航空会社にどう影響?(Aviation Wire)

😃 (2021年3月2日から) EUが日本を「安全な国リスト」に登録し、域内への観光目的の入国を許可したため、日本からの観光目的の渡航が許可される(6月3日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に追加指定、すべての入国者及び帰国者について入国後3日目に改めて検査、陰性の場合はそのまま自宅待機の措置(3月5日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) ロシア 〇 外国人(一部例外を除く)の入国を一時的に制限 入国を伴わない航空便のトランジット乗客は措置の対象外 ロシア大使館及び領事館におけるビザの受理、作成及び発給を一時的に停止 (2020年3月18日から) 日本からの入国制限を緩和 なお、直行便での渡航に限り、渡航の際にはPCR検査の陰性証明が必要(11月1日から) 日本国籍者のロシア入国を、「定期便再開国リスト」に掲載されている国であれば、該当国を経由した入国も可能とすると発表。 ア MOM(Ministry of Manpower)発行の就労パス及び帯同者パス(EP、S Pass、DP等)所持者(8月10日以降の(再)入国申請者)はシンガポール到着までに、ワクチンの接種を終えていること(最終接種から2週間を経ていること。

9

日本からの入国制限緩和、事前検査・自主隔離は引き続き義務付け(日本、イタリア)

😗 (7月1日)から 入国後3日間の政府指定ホテルでの隔離を廃止(9月7日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) スペイン 〇 EU、シェンゲン協定国及びアンドラ以外の居住者(EUの滞在許可証を保有する居住者及びその家族等を除く)の入国禁止 (2020年3月23日から6月30日まで) 日本を含むEU域外12か国からの入国制限を解除 (7月4日から7月31日まで) 一部例外を除く日本人のスペイン入国禁止(2021年1月29日から) スペイン入国時、PCR検査陰性証明書の持参を義務付け(3月1日から当面3月14日までの間) 日本からのスペインへの入国制限が解除。 レベル2 渡航中止要請 : 不要不急の渡航は止めてください 不要不急の渡航は止めてください。

11

入国制限緩和 条件の実効性担保必要 田村厚労相 新型コロナ

📱 世界で定められている渡航レベルの基準 レベル1 渡航注意 : 十分注意してください 渡航と滞在にあたり、危険を避けていただくため特別な注意が必要です。

14

EU 入国規制緩和へ、ワクチン接種で観光客も入国可能に。欧州各国でも海外旅行再開の動き

😈 ・ドイツ出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提示 ・日本到着時、空港検疫でのコロナ検査の実施 ・14日間の自宅などでの待機 ・14日間の公共交通機関の不使用 ・位置情報の保存・提示 ・接触確認アプリ(COCOA)の導入 ドイツではワクチン接種を2回とも済ませた人がどんどん増えているなか、EU内でワクチン接種済みの証明書を7月以降発行することが決まっていますが、日本入国の際にはそういった証明書はまだ効力を持たないのが残念です。 )一部のIP電話からは、03-5363-3013 (海外におけるビザ申請に関する相談) 外務省 南部アジア部 南東アジア第一課(タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス及びミャンマー) 電話:03-3580-3311(内線5548) 外務省 南部アジア部 南東アジア第二課(シンガポール、マレーシア及びブルネイ) 電話:03-3580-3311(内線5845) 外務省 アジア大洋州局 中国・モンゴル第一課(中国、台湾) 電話:03-3580-3311(内線3915、3902) 外務省 アジア大洋州局 北東アジア第一課(韓国) 電話:03-3580-3311(内線4612)• (7月2日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) レジデンストラックの運用を開始(9月8日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本政府は、台湾で変異ウイルスの感染者が確認されたと発表。

EU 入国規制緩和へ、ワクチン接種で観光客も入国可能に。欧州各国でも海外旅行再開の動き

😈 (8月14日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) ドイツ 〇 EU、EFTA、シェンゲン協定国及び英国以外の出身者のEUへの入域を原則禁止。 ) ア 入国前72時間以内に実施したPCR検査(鼻咽頭ぬぐいによるPT-PCR)又は抗原検査の陰性証明書の提出(16歳以上が対象) イ 国立社会保健センターへの事前オンライン登録及びQRコードの取得 下記サイトで事前に登録を行い、送られてきた認証コード(QR コード)を、リトアニアに向かう航空機、フェリー、バス、列車への搭乗時に提示する必要がある。

1

【2021年8月最新】新型コロナウイルス ヨーロッパの入国制限と最新情報

💋 なお、検査方法については、下記ウェブページの『Types of accepted molecular tests』のタブで確認できる。

3

中国はなぜワクチン接種が進んでいるのに入国制限を緩和しないのか―独紙 (2021年6月24日)

🤫 なお、結果が陽性であった場合は、無症状でも最低10日間療養施設等に隔離 (カ)到着3日目、7日目、11日目に抗原迅速検査キットによる自己検査 注 上記各検査の対象は、2018年(12月31日)以前の出生者 ウ 過去21日以内にバングラデシュ、インド、ネパール、パキスタン、スリランカ、ミャンマーへの滞在歴がある全ての外国人(永住者を除く。 レベル3 渡航中止勧告 : 渡航は止めてください どのような目的であれ渡航は止めてください。

14